電話占いにハマる人とはどういう人ですか?

さびしがりやな人

電話占いにハマる人は寂しがり屋な人が多いです。

とにかく誰かとすぐに連絡を取りたい、空いてほしい時に、占いというツールですがすぐに電話することができて、話を聞いてもらえることになります。

とくに占いをしたくなるような悩みを抱えている人は、不安定な心境な人が多く、寂しさに耐え切れず電話してしまうこともあるようです。

さびしさの解消の手段を他に見つけてからした方がよさそうです。

友達が少ない人

友達が少ない人は、悩みを相談する人がいません。

たとえその悩みが解決しなくても、話しているだけで気持ちが軽くなったり、別の部分でよいことはあります。

友達が少ない人は相談する相手もいませんので、占い師にハマる可能性があります。

友達と占い師は別物だという強い認識が必要そうです。

誰かに依存する傾向にある人

占い師は自分の人生の選択をしてくれたり、それのお手伝いをしてくれます。

一見親切でとても頼りがいのある存在ですが、頼りにしすぎてしまう人は注意が必要です。

その人の存在しか見えなくなって、やがて依存してしまう傾向にあります。

信用して頼りにするということは良いことなのですが、一人の人しかも商売の相手に浸透しすぎてしまうのは危険なことです。

依存してしまいやすいようなタイプの人間は最初から電話占いを辞めておいた方がよいのかもしれないです。

ハマってからだと辞めることが難しかったり、苦痛に感じることが多くなります。

参考材料・電話占いヴェルニ|口コミで当たると評判の占い師に通話料無料で相談 https://vernis.co.jp/

更新日:

Copyright© 2020年の電話占いの最新事情のまとめ , 2022 All Rights Reserved.